タイトルタグでSEO対策!重要な3つのポイントとは?

サイトアフィリエイトをするなら、SEO対策は必須です。
とは言え、過剰な被リンクを付けまくるブラックなSEO対策は不要。
王道のSEO対策方法で十分なアクセスを獲得することが可能です。

そんな王道なSEO対策方法において、
基本事項の1つに「タイトルタグの最適化」があります。
タイトルタグに一手間加えることで、検索エンジン上位表示に繋がるんですね。

※タイトルタグとは、htmlの「<title>~</title>」の部分です。
※ブログだと、記事タイトルが「<title>~</title>」に入るケースが多いです。

 

・上位表示させたいキーワードを含ませる
・キーワードを前部に含ませる
・記事タイトルは30文字以内で書く

 

僕がタイトルタグの最適化で意識しているのは、これら3点です。
もちろん、SEO対策を意識してタイトルタグを最適化する場合、
他にもやれることはたくさんあります。

ただ、あまりコダワリ過ぎても作業する手が止まってしまうので、
僕の場合、タイトルタグの最適化はこの3点のみを意識している感じです。
よく言っている「重点を置く」ってやつですね。
では、ちょっと詳しく見ていきましょう!

 

・上位表示させたいキーワードを含ませる

サイトアフィリエイトをやるなら、当然SEO対策をしますよね。
GoogleやYahooの検索エンジンから勝手にアクセスが集まって、
莫大な報酬を得られるのがサイトアフィリエイトの魅力ですから。

で、SEO対策において、
タイトルタグに狙ったキーワードを含ませるのは基本中の基本です。

アフィリエイト初心者のブログなんかを見ると、
タイトルタグに全然キーワードが含まれていないケースが意外と多いです。
今後、タイトルタグには上位表示を狙っているキーワードを含ませて下さい。

 

・キーワードを前部に含ませる

検索エンジンはタイトルタグの前部に書かれているキーワードを
重要なキーワードであると判断すると言われています。

さらに、人間は「検索結果ページを左から右に流し読みする」傾向にあります。
ですので、タイトルタグの前部にキーワードがあったほうが目立ちます。
目立てば、当然ながらアクセスを誘導できる確率が上がります。

 

・記事タイトルは30文字以内で書く

長過ぎる記事タイトルにしてしまうと、
検索結果ページに表示されても、記事タイトルが「…」で省略されてしまいます。
省略されれば「せっかくの魅力的な記事タイトルが台無し!」となってしまいますよね。

検索結果ページに表示される記事タイトルの文字数は変動的なので、
一概に何文字までOKとは断言しにくいのですが、
30文字以内でしたら基本的にタイトル全部が表示されます。

 

というわけで、今回はSEO対策の基本中の基本であるタイトルタグの最適化について、
僕が意識している3つのポイントをまとめてみました。

他にも「≪激安≫」なんて感じで記号を使ってタイトルを目立たせたり、
「30代OLの為の・・・」なんて感じでターゲット(見込み客)を限定したり、
SEO対策以外でのタイトルタグの最適化方法もあります。

他のテクニックついては別の機会にお伝えしますので、
今回はタイトルタグでSEO対策する方法の超基本である、
下記の3点を覚えておきましょう!

 

・上位表示させたいキーワードを含ませる
・キーワードを前部に含ませる
・記事タイトルは30文字以内で書く

 

ちなみに、「知っている」と「実践している」は全然違います。
知っているだけでは、現実が変わることはありません。
SEO対策で言うなら、知ってるだけじゃアクセス数なんて変わらないってこと。

今まで何も考えずテキトーにタイトルを書いていたのであれば、
今後この3点だけは徹底して、記事タイトルを書くようにして下さいね!


コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 アフィリエイトで稼ぐWEBコンサルタントNaoki All Rights Reserved.