SEO対策的に記事は何文字以上書けばいいのか?

成果報酬型アフィリエイトであっても、クリック報酬型アフィリエイトでも、
SEO対策をしながらサイトアフィリエイトの活動をやっていると、
様々なSEO対策に関するノウハウ・テクニックを耳にすると思います。

そんな中でも、「被リンクは何本必要か?」ということと同じくらいよく聞くのが、
記事は何文字以上書けばSEO対策として効果があるのかということ。

最低300文字以上は記事を書きましょう。
いやいや、最近だと記事は最低1,000文字以上必要だよ。

などなど、何文字くらいの記事を書くべきなのかについて、
SEO対策のプロらしい人から大して稼げていないアフィリエイターまで、
色々なことを言っています。でも、実際のところ、

 

記事の文字数なんて関係ない。

 

結局、検索順位で上位に自分のサイトを表示させるには、
検索エンジンからライバルサイトよりも良い評価を得られればいい話。

なので、ライバルサイトがろくに存在しないようなキーワードで上位表示を狙えば、
仮に「3行しか文章を書いていないページ」でも上位表示したりします。
というわけで、

 

・ライバルサイトがコッテリと記事を書いているなら、文字数を多めにする。
・ライバルサイトがほぼ存在しないようなら、文字数は少なめでOK。

 

記事の文字数に関する「基本的な考え方」はこんな感じ。
あ、もちろん、この考え方は初心者が理解しやすいようにザックリとしたものです。

ライバルサイトの記事の文字数が多くても、
運営期間の長いサイトで良質な被リンクがバッチリついたページであれば、
記事の文字数が少なくても検索エンジン上位表示します。

とは言え、運営期間の長いサイトなんて持ってないし、
良質な被リンクなんて簡単に獲得出来ないのが普通ですよね。
ですので、

 

とりあえず記事の文字数は多めに書いておこう! 

 

これが王道。
文字数が多ければ濃い情報をサイト訪問者へ伝えることが出来ますので、
結果として、検索エンジンから良い評価を得られる可能性が高まります。
しかも、「ロングテールキーワードを効率良く拾う」ことも出来ますしね。

検索エンジン上位表示を狙っているキーワードに関連した内容について、
思いつくままに全ての情報を記事にまとめちゃって下さい。

「500文字しか書けない」とか「1,000文字以上書けた」など、
記事ごとに文字数のバラツキがあっても全然問題ありません。
最低何文字とかってルールを決めるのではなく、思いつく限りの情報を書きましょう!
というわけで、

 

・ライバルサイトがコッテリと記事を書いているなら、文字数は多めにすべき。
・ライバルサイトがほぼ存在しないようなら、文字数は少なめでも上位表示出来る。
・価値あるサイトを作る為には、最低何文字とかってルールで記事を書かない。
・上位表示を狙っているキーワードに関連した内容を思いつく限りしっかりと書く。

 

今回お伝えしたい内容は、こんな感じです。
まあ、「役立つサイトを作る!」というちゃんと意識を持っていれば、
記事は必然的にそれなりの文字数になったりするものです。

今回のこの記事も、たぶん1,000文字以上は書いたんじゃないかと思います。
文字数を計算していないので分かりませんが、少なくとも1,000文字はあるでしょう。
ちゃんとやれば文字数はどうしても多くなってしまう・・・ってものなんですね^^


コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 アフィリエイトで稼ぐWEBコンサルタントNaoki All Rights Reserved.