SEO対策で被リンクは何本あれば検索順位が上がるの?

SEO対策というのは、成果報酬型アフィリでもGoogle AdSenseでも、
サイトアフィリエイトをやっている人であれば、少なからず意識していますよね。
GoogleやYahooなど検索エンジンから安定的なアクセスを獲得したいですから。

そんなサイトアフィリエイトに欠かせないSEO対策の中でも、
とりわけ高い上位表示効果を得られるのが「被リンク」であるのは周知の事実。
ペンギンアップデートとかパンダアップデート後の今でも、
被リンクのSEOパワーは健在です。その為、

 

「何本くらい被リンクがあれば検索結果で上位表示しますか?」

 

みたいなご質問メールを結構頂きます。
毎日とまでは言いませんが、10日間に1回くらいは質問されてるかも。

皆様、やはり被リンク対策は気になっているんだなぁと感じます。
そりゃそうだよ・・・当たり前ですね^^;
で、このご質問に対する回答から言いますと、

 

検索エンジン上位表示に必要な被リンクの本数なんて定まっていません!

 

そもそも、検索順位というのは「相対評価」なんですね。
被リンクが何本あったら検索結果の1位とかっていう競争じゃないわけ。
ライバルサイトと比較して検索エンジンから良い評価を受けることが重要。

SEO対策において被リンクの数だけが重要なわけではありませんが、
初心者にも分かりやすくする為にあえて被リンクの数だけで言うなら、
ライバルサイトよりも被リンクの数が多ければより上位表示されるわけです。
ただし、

 

被リンクの「数」よりも「質」の方が重要だと僕は考えています。

 

検索エンジンは、被リンクの数だけを見ているわけではありません。
被リンクの質という部分も見ています。

ページランクの高いサイトからの被リンクかどうか?
運営年数が長期間のサイトからの被リンクかどうか?
などなど・・・そういう部分も検索エンジンは見ています。

 

ゴミレベルのサイトの被リンクなら、いくらでも付けられる = つまり時間の無駄

 

被リンクの数だけが重要視されるほど、簡単なことはありません。
無料サーバーを借りて被リンク供給用のサテライトサイトを作りまくったり、
片っぱしからサテライト用の無料ブログを開設しまくったりすれば、
簡単に被リンクの数は増やすことが可能です。

でも、普通に考えて、そんなことをやるだけで上位表示出来なそうですよね。
GoogleやYahooなど、検索エンジン開発者は相当賢いですから。
しかも、

 

短期間でゴミサイトから被リンクを付けまくるとスパム判定を喰らいます。

 

検索エンジン上位表示どころか、そもそも検索結果から消えます。
サイト名で検索をかけてみても、一向にサイト表示されない。消滅。
こうなると、「良いコンテンツを作ろう!」と手間暇かけても完全に無駄ですね。

そういうスパム判定もある為、尚更「質の高い被リンクを獲得」する方が重要なわけ。
色々なことが言われていますので、具体的な数値は定かではありませんが、
イメージとしては、

 

30本のゴミ被リンク = 1本の質の高い被リンク

 

こんな感じです。あくまで完全にイメージですけどね^^;
それだけ、質の高い被リンクというのは、ものすごく価値があるってこと。

自作自演のゴミ被リンクを付けることに時間を使わず、
質の高い被リンクから1本でも多くもらえるよう試行錯誤しましょう。
というわけで、まとめますと、

 

・検索エンジン上位表示に必要な本数なんて定まっていない
・ライバルサイトよりも検索エンジンに評価されれば上位表示する
・短期間で自作自演のゴミ被リンクを付けまくるとスパム判定を喰らう
・被リンクの「数」よりも「質」を重要視して外部SEO対策を行う

 

こんな感じとなります。目新しい情報は何もありませんね(笑)
でも、「当たり前のことを当たり前にやるのが難しい」のがSEO対策です。
質の高い被リンクなんて、なかなか貰えませんよね。

作ったばかりの新規サイトがページランク6のサイトからリンクされる・・・
基本的に、ありえません。友達のサイトとかだったら別ですが。

どうしたら質の高い被リンクを獲得できるのか?
やはりそれは「価値あるサイトを作る」ことに集約されるのではないでしょうか。
僕はそう信じて、このブログもそうですが、役立つ情報を発信し続けます!


コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 アフィリエイトで稼ぐWEBコンサルタントNaoki All Rights Reserved.