アドセンス初心者はRPMの平均値を考える必要なし!

アドセンスをやっていると、意味不明な謎の用語を色々と目にします。
例えば「CTR」とか「CPC」なんて言葉、普通の人はなかなか知らないですよね。
こんな用語を日常的に使うのは、WEBマーケティングを仕事にしている人くらいです。

あ、ちなみに、CTRとはClick Through Rateの略語で「クリック率」を意味し、
CPCとはCost Per Clickの略語で「クリック単価」を意味します。

で、本日のお題である「RPM」は何なのかと言いますと、
RPMとはRevenue Per Milleの略語で「広告表示1,000回あたりの収益」を意味します。
つまり、

 

RPMの数値が大きい=収益性の高いアドセンスサイト

 

ということです。
同じ1,000ページビュー(広告表示1,000回)だとしても、
RPMの数値が大きい方が「儲かっているサイト」というわけですね。

ですので、アドセンスサイトの収益性をひたすら向上させたいアドセンスマニアな方は、
今の平均値以上にどんどんRPMの数値を上げるようサイト最適化をしていきましょう。
ただし、

 

アドセンス初心者は、RPMなんて考えなくていいです!

 

みんなのRPMの平均値ってどれくらいなんだろう・・・
と、アドセンス初心者の頃は、他人の成果を気にしてしまいがち。

でも、最初は、そもそもRPMなんて考えなくてOKです。
そんな難しいことを考えていては、作業する手が止まってしまいます。
もっとシンプルに考えて、

 

アクセス数を増やすことに重点を置いて下さい。

 

以前にも「アドセンスで安定して100万円稼ぐ3つのポイント」とか、
他にも「アドセンスで稼げないたった1つの理由」とかで、
アドセンスはアクセスがあれば確実に稼げると解説しました。

RPMが低くても、アクセスさえあればアドセンスは十分に稼げます。
もちろん、RPMが「0」ではダメですが(笑)

 

・RPM1,000円でページビュー1,000回/日=1日あたり報酬1,000円
・RPM250円でページビュー10,000回/日=1日あたり報酬2,500円

 

こんな感じで、基本的にはRPMが低くても大丈夫です。
アクセスさえあればページビューは増えますので、アクセス数を増やしまくって下さい。
もちろん、RPMが尋常じゃなく低すぎる場合は、さすがに考えものですけどね^^;

まあ、RPMの数値が大きいのが稼げるアドセンスサイトというわけではないということ。
あくまで「RPMの数値が大きいと収益性が高い」というだけです。
というわけで、

 

・RPMの数値が大きい=収益性の高いアドセンスサイト
・収益性が高くても、アクセス数がなければ意味がない
・アドセンス初心者は、RPMなんて考えなくていい
・アクセス数を増やすことに重点を置く

 

今回あなたにお伝えしたかったのは、これらの内容になります。
RPMについて悩むのは、ある程度アクセスが来るようになってからでOKですからね!

アドセンス初心者なら、RPMの平均値なんて気にするのはやめて、
1ページでも多く記事を書きまくって下さいませ^^


コメント2件

  • 塩谷 | 2012.10.24 12:19

    アドセンスに登録して2ヶ月ほどですが、そういえばPRMは気にせずにページ作成を行っていました^^;
    しかし、どうしても私がきになってしまうのがWordPressの「テンプレート」です。今は無料のものを使っているのですが、「テンプレート」だけはどうも気になってしまいます^^;
    Naokiさん、実際は「有料」でSEO対策済みとなっているものと「無料」のものだと変わってくるものなのでしょうか??

  • Naoki | 2012.10.24 22:30

    > 塩谷さん

    h1タグがないとか、全ページ同じタイトルタグだとか、
    余程酷いテンプレートじゃなければ、有料でも無料でもOKです^^
    テンプレート次第で上位表示へ劇的な変化は与えません。

    なお、あくまで補足ですが、
    良いテンプレートとは「無駄なコードがなく重要なコードがしっかりある」ものです。
    で、有料テンプレートでも良いものと悪いものがあります。
    そして、無料テンプレートでも良いものと悪いものがあります。
    結局、値段がついているかどうかではないです^^;

コメントを書く







コメント内容


Copyright(c) 2012 アフィリエイトで稼ぐWEBコンサルタントNaoki All Rights Reserved.